日用品・家電

人感ライトで電気を自動点灯!手がふさがってても電気が付いてくれる嬉しさ

一人暮らし生活が長くなってきた今日この頃。

家に帰ると部屋が真っ暗で悲しい気持ちになったことはないでしょうか。玄関のスイッチを探そうとしても暗くて見えません。また見えたとしても荷物で手がふさがれているとスイッチが押せません。電気をつけたくても付けれない!

そんな悩みを解消するのが「人感センターライト(電球)」です。

なんと玄関のドアをあけると自動的に明かりを照らしてくれます。電気のスイッチを暗い中、手探りで探さなくてもいいんです。ただ、当然ながら人はいませんので暖かみは感じません。こればかりはしょうがないですね。一緒に生活してくれる人がいればいいのですが・・・。

さて、今回ご紹介したいのが人感センター付きのライトです。人を感知して自動で電気を点灯してくれます。とても便利で省エネです。また、防犯対策にも役立ちます。

人感センターライト

ライトたち
人感センサーとは、温度や人の動きを感知して自動的にあかりを点灯・消灯してくれる機能です。電気の消し忘れの心配がなくなり、節電に役立ちます。人感センターライトにはいくつかのタイプがあり「電球タイプ」や「蛍光灯タイプ」などの種類があります。

①電球タイプ

【利用シーン】

・玄関
・トイレ

電球タイプは、備え付けのソケットに人感センター付きの電球を装着するだけで人感ライトとして利用できます。特にスイッチなどはついておらず、人を感知して電気が点灯し、デフォルトで定められた時間が経過すると自動的に消灯します。玄関に付けておくと特に便利です。

夜、家に帰ってもドアを開けるだけで自動的に玄関のライトがつきます。手荷物を持っていてもスイッチを押す必要がないので、つまずく心配もありません。ただ、トイレに付けた場合は便座に一定時間、座りっぱなしであまり動かないと電気が消えてしまいます。人がいなくなったと認識されるのです。はじめはビックリしますが、少し動くと再度電気をつけることが出来るので無駄に動きましょう。

②蛍光灯タイプ

【利用シーン】

・台所(キッチン)
・クローゼット・倉庫
・屋外
・階段

蛍光灯タイプは、天井についているソケットに装着するパターンと完全に別の照明器具として設置するパターンがあります。

天井にある備え付けのソケットに人感蛍光灯を装着する場合は注意が必要です。

注意事項
カバーケースがついている場合、カバー部分に遮られて人を感知することができません。人を感知できない人感ライトは結果的にはずっとライトが点灯しません。人感ライト専用カバーであれば感知センサーが外についているので人を感知できるのですが、備え付けの設備だと感知センサーがカバーの中に隠れてしまい感知してくれません。

別の照明器具として設置する場合は「磁石」「ネジ」「両面テープ」などで壁や床などに設置します。乾電池でライトが点灯するものやコンセントから電気を供給するもの、ソーラーパネルで電力を発電できるものなど、いろいろなタイプがあります。ソーラーパネルタイプの人感ライトを玄関外や庭につけておくと電力を自家発電できるので半永久的に使い続けることができます。防犯対策としても有効です。

室内につける場合、部屋の作りにもよりますが、一人暮らしの部屋であれば台所を通って風呂場や洗面所にいく作りになっていることが多いです。毎回電気をつけて移動するのは手間ですし、暗いまま進むと危険です。人感ライトを1つ置いておけば、移動中にライトがついてくれるので「安心・安全」です。

また、短時間しか滞在しないけど暗いと困る場所、例えば倉庫や屋外につけておくとスイッチを押さなくても必要な時にだけ自動でライトが点灯してくれます。

メリット

人感ライトメリット

①スイッチを押す必要がない

人感ライトにすれば電気のスイッチを押さなくても点灯・消灯がオートになります。電気のスイッチが高すぎて、手が届かないような場所でも近くを通ればお子様でも電気をつけることができます。夜中に起きた時も暗い中スイッチを探さなくても自動で電気が点灯してくれます。

②節電

スイッチのON/OFFを意識する必要がありませんので、電気の消し忘れがなくなります。結果、節電につながります。電気のつけ忘れが多い方にはお勧めです。

③防犯対策になる

家の外で死角になっているところや不審者の侵入しそうなところに設置しておけば不審者への威嚇になります。不審者や泥棒も予想もしていない時に明るくなればビックリして、その場を去っていくことでしょう。無用なトラブルを避けることが出来ます。

デメリット

人感ライトデメリット

①費用が高め

通常のライトに比べると高いです。まあ人感センサーがついているので当然ですが。長い目で見た時の節電効果、あとはスイッチを押す手間をなくせるメリットと費用を比較してみて購入を検討しましょう。手間をお金で買うような考え方です。

②感知しないことがある

人感センサーの範囲内に入っているのにたまに反応しないことがあります。温度や人の動きを感知出来なければライトはつきません。人感センサーは万能ではありませんので、感知しない場合はセンサーも周りをウロチョロしないといけないことがあります。

③点灯時間が短い場面がある

トイレに長時間入って動かない場合は、自動で照明が切れて暗くなってしまいます。トイレなどのように長時間座る場所には点灯時間が長めのライトを買うなどして調整が必要です。

まとめ

人感センサーライトには使い方によってメリット・デメリットがあります。ただ、設置場所を間違わなければすごく便利なアイテムです。一番のおすすめ場所は、やはり「玄関」です。

私は玄関とトイレの電球を人感センターにしています。使ってみた感じ、玄関は必須レベルです。もうないとダメですね。荷物で両手がふさがれている時にカギを持ったまま玄関スイッチを探すのは非常にストレスがかかっていました。今はそのストレスから解放されています。

電球もLEDになり、寿命がかなり延びました。5-10年単位です。初期投資が少し高くても一度買えばずっと使えます。値段もお手頃なものもたくさんありますので、まずは玄関に設置してみてはいかがでしょうか。使ってみて、満足がいったら他の場所の利用を検討してみるのもいいでしょう。

-日用品・家電

Copyright© クキブロ -お得な情報みいつけた- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.