引越し

引越し時の不用品や粗大ごみを処分(リサイクル)する方法の一覧

引越しをするときに荷造りと同時に考えないといけないのが、粗大ごみや不用品の処分方法についてです。

引っ越し日までに処分方法が決まっていないと不用品を引っ越し先まで持っていかないといけないことになります。そうなると当然ですが、引っ越し代も値上がりしてしまいます。

また、引っ越し日までに処分予定だった不用品を処分できないと追加で引っ越しの荷物が増えることになるので、追加料金が発生する可能性があります。

このようなことがないように未然に防ぐためにも、事前にスケジュールを立てて処分すべきものは処分して、必要なものだけを引っ越し先に運ぶように努めましょう。

粗大ごみ・不用品の処分方法について

粗大ごみ・不用品の処分方法はいくつかあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、状況に適した方法で処分できるように詳細をご解説します。内容を把握して、不要なトラブルが起こらないように事前に準備しましょう。

  • リサイクルショップで売る
  • オークションサイトで売る
  • 知人・友人にゆずる
  • 自治体の粗大ゴミ回収サービスで回収してもらう
  • 引越し会社に引っ越しのタイミングで処分の依頼をする
  • 不用品回収業者に依頼をする

リサイクルショップで売る

リサイクルショップで買い取ってもらえれば、処分品として廃棄予定の品をお金に変えることができます。また、処分品によっては本来は処分に費用が発生するものを買い取ってもらえる可能性があるのでお得です。

商品が古すぎると買い取ってもらえない場合もありますので、事前に品目を確認しておきましょう。買取できない時は、そのまま処分してもらうことも可能なケースもありますので、処分の可否・処分費用を確認しましょう。

 

インターネットサイトで売る

ヤフオクやメルカリなどで個人でも中古品を簡単にインターネットで売れるようになってきました。販売時期が最近の商品や人気の商品は、時間をかけずにネットで他の人に売ることができます。ただ、商品によっては売れるまでに時間がかかりますし、発送梱包も自分で実施する必要があります。事前に準備ができる場合は、リサイクルショップで売るよりプラスになることがあります。

引っ越し日までに必ず売れるとは限りませんので、売れなかった場合にどうするかは併せて検討しておきましょう。

 

知人・友人にゆずる

自分個人的にはプラスにもマイナスにもならない方法です。出費も支出もありません。

配達料金が発生しますが、そこは知人に負担してもらうなど交渉しましょう。また、高価な製品であれば、買取交渉をしてもいいでしょう。

 

自治体の粗大ゴミ回収サービスで回収してもらう

地方自治体によって、ゴミ回収のルールはさまざまです。料金や回収できる品物まで違いますので、回収可否と料金は事前に確認しましょう。別の方法で処分した方が安くなることもあります。インターネットで自治体・粗大ゴミ受付センターに申し込みすると料金が安くなるケースもありますので、この部分についても各地方自治体のホームページなどを確認してください。

また、免許証などの本人確認ができるものが手続き時に必要になることもありますので、必要な書類もあわせて確認しましょう。

粗大ごみ回収のタイミングや日付もまちまちですので、必ず日程に余裕を持ち、行政のスケジュールに合う形で申し込みすることをおススメします。

 

引越し会社に引っ越しのタイミングで処分の依頼をする

引越し業者によっては粗大ごみの引き取りサービスを行っているところがあります。引っ越し時にあわせて粗大ごみを引き取り、処分してくます。

自分で自治体に連絡をして処分してもらうよりは多少割高になりますが、自分の手をあまり動かさなくていいので手間は減ります。手間賃という考え方をすれば、お得です。

回収サービスに対応している大手引越し業者リスト

  • サカイ引越センター
  • 日本通運
  • ハート引越センター

一括見積もり後に引っ越し業者から連絡がきたときに引っ越しと同時に不用品の回収も希望していることを伝えましょう。不用品の処分費用を教えてくれますので、他の方法で処分する場合の費用と手間を比較して、どの方法で処分するかを検討しましょう。

チェック
【一括見積り】引っ越し業者の選定方法について

引っ越し時に悩むのが引っ越し業者をどこにするかです。引っ越し業者は数多くありますのでどこが安くて、パフォーマンスがいいのかはその引っ越し業者を使ったことがないと分かりません。結果的に荷物が引っ越し先に ...

続きを見る

 

不用品回収業者に依頼をする

回収までの手間が少ないのが特徴です。自治体で処分する場合は、自分で不用品の運び出し~処理場まで運んでいかなければいけません。まあ、リサイクルが必要は品目であれば、リサイクル券の購入をして対象商品に貼り付けが必要です。

一方で不用品回収業者にお願いした場合は、業者が基本的にはすべてやってくれるます。リサイクル券の購入の手間もありませんし、荷物が重たくても大丈夫です。また、自治体は回収作業日が決まってますが、回収業者の場合は作業日を自分で指定できるため、自分の都合のいいタイミングで依頼、処分をすることができます。

一般的な手順の流れは、電話かメールで申し込みをして、見積もりのために訪問してもらう日程を決めます。見積もりは、実際に品物を確認した上で行われますので、一度訪問査定して価格が決まります。価格に納得したら搬出日時を決めて、不用品が搬出してもらう流れになります。料金は搬出時に支払うのが一般的です。

 

リサイクル料金が必要な品目

家電リサイクル法に定められた4つの商品を処分する場合は、処分料金以外に別途リサイクル料金が必要になります。

家電リサイクル法とは
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用:経済産業省ホームページ『家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)』

 

家電リサイクル法の対象商品

『テレビ』『エアコン』『冷蔵庫』『洗濯機』の4つが対象商品です。これらの商品を廃棄する場合は、リサイクル券が必要になります。

リサイクル券は郵便局で購入することができます。必要に応じて、以下の情報をメモして郵便局で購入してください。

  • メーカー名
  • テレビについては画面サイズ、冷蔵庫・冷凍庫については内容積

廃棄業者によってはリサイクル券を用意してくれるところもありますので、リサイクル券を自分で用意する必要があるかも確認しておきましょう。

まとめ

引越しをするときは、どうしても粗大ごみの処分は必要になります。

時間をかければ、安く抑えられますし、お金を書ければ手間を抑えられます。

使える時間と値段を天秤にかけて、状況に応じて理想的な処分方法を検討してみてはいかがでしょうか。引っ越しに伴って、新居に新しい家具などの購入を検討することもあるかと思いますので、不用品の処分に時間をとらず、少し多くお金を使って処分してしまうのも一つの方法かと思います。

 

-引越し

Copyright© クキブロ -お得な情報みいつけた- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.