プチ情報

スマホで写真を上手に撮るコツや方法(思い出の写真を大切にしよう)

世間はクリスマスシーズンを控えて、街はすっかりイルミネーションで盛り上がっています。夜景スポットにお出かけの予定がある方も多くいらっしゃるとのではないでしょうか。

お出かけし、キレイなスポットで記念撮影しようとした時に「キレイに撮れなくて諦めた。」そんなことはないでしょうか?

いくつかのスマホの機能を使うことで、キレイな写真を撮ることができます。スマホの機能は高機能になり、それを知っていれば写真をキレイに撮れます。今回は、スマホで夜景やイルミネーションを上手く撮影する方法をご紹介しますのでコツを覚えていきましょう。

連写モード

写真を撮る上でまず気になるのが手ブレです。手ブレしないように手を頑張って固定してとると思いますが、完全に防止することは難しく、結果、写真がボケることはよくあると思います。そんな場合は連写モードの機能を使いましょう。コマ送りの写真を連写できるので複数枚ある写真から手ブレしていない写真を選択することができます。

HDR(ハイダイナミックレンジイメージ)機能の利用

あとは実際の景色よりも写真が暗くなってしまうことです。そんな時に使える機能が「HDR機能」です。ほとんどのスマホのカメラに標準で搭載されています。HDR機能をONにして写真を撮影すると明るい部分も、暗い部分もきれいに色が写すことができます。最適な画像を合成してキレイな写真に仕立ててくれる機能です。ただ、HDR機能は動きのあるものを撮影するのには向いていません。HDR機能のONとOFFは簡単に変更することが出来ますので、利用シーンに合わせて使い分けしましょう。

露出補正の調整(明るさのコントロール)

露出とは「光の量」のことです。光の量を多くすると明るくなります。スマホでも露出(明るさ)の調整が可能です。露出補正で+補正(明るさ補正)を行うと少しゴージャスな写真を撮ることも出来ます。

まとめ

写真を撮影した後で写真の加工で編集することも出来ますが、撮影時に補正しておく方がおススメです。編集の幅も広がりますし、始めから暗い写真を後で加工すると画像の解像度も落ちてしまいます。その結果、画像が粗くなったりもします。
最近のスマホのカメラ機能は優秀な機能が始めから搭載されていますので、いろいろな機能を駆使して思い出の写真をキレイな形で残しておきましょう。あとで見返した時も思い出深く、その時のシーンを鮮明に思いださせることでしょう。

-プチ情報

Copyright© クキブロ -お得な情報みいつけた- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.